カニエ・ウェスト、ドレイクとのコラボアルバムの制作を認める 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カニエ・ウェスト、ドレイクとのコラボアルバムの制作を認める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カニエ・ウェスト、ドレイクとのコラボアルバムの制作を認める

カニエ・ウェスト、ドレイクとのコラボアルバムの制作を認める

 噂されていたカニエ・ウェストとドレイクによるコラボ・アルバムが、現在制作中にあることが正式に明らかになった。


 先月、ウェストのGOOD MusicレコードのロゴとドレイクのOVOのロゴが入った巨大看板がロサンゼルスに出現し、2人のコラボが噂され始めた。今回、ウェストがついにその疑念を認めたのだ。


 ウェストは9月7日発表の自身のファッション・コレクション“Yeezy Season 4”についてヴォーグ誌と話すなか、「俺たちは音楽を一緒に作っているだけ、たくさんの音楽を一緒にね。ただスタジオに入るのを楽しんでいるのさ。アルバムに取り組んでいるんだけど、もうすぐスゴイことになるぜ」と明かした。リリース日については言及しなかった。


 もちろん、コラボレーションには既に慣れている2人で、彼ら自身のアルバムや他アーティストの曲でのフィーチャリング参加をはじめ、それぞれコラボ・アルバムをリリースしたこともある。ウェストはジェイ・Zと組んで2011年に『ウォッチ・ザ・スローン』をリリース、ドレイクはフューチャーとのミックステープ『What a Time to Be Alive』を昨年リリースしている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい