美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー

美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー

 世界中のSNSやニュースサイトで話題となっている女性尺八奏者・辻本好美が、ソロプロジェクト“Bamboo Flute Orchestra”名義のアルバム『SHAKUHACHI』で、2016年9月26日にメジャーデビューを飾る。


 日本最高峰の難関と言われる、東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻を卒業後、アメリカ、イタリア、フランス、ブラジルなど世界中から招致され、海外での公演歴はすでに25回を数える辻本好美。NHK Worldの『Blends』という番組でマイケル・ジャクソン「SMOOTH CRIMINAL」を演奏したところ、その音楽的な意外性や演奏力はもちろん、端正な容姿でも話題に。その後はNTV『ネプ&イモトの世界番付』にも出演し、同楽曲を演奏した。


 デビューアルバム『SHAKUHACHI』は尺八による洋楽カバーアルバムとなっており、マイケル・ジャクソン「SMOOTH CRIMINAL」「BEAT IT」や、テイラー・スウィフト「SHAKE IT OFF」、映画『アナと雪の女王』の「LET IT GO」に加え、レディー・ガガ、ビートルズ、ジャクソンファイブの名曲から、EDM界のカリスマであるアヴィーチー「WAKE ME UP」のカバー(http://y2u.be/2NfBpCQ5VYQ)も収録される。


 サウンドプロデューサーは、西野カナ「トリセツ」のアレンジも手掛けたNaoki Itai。和楽器とPOPS、EDM、SKA、JAZZなどを縦横無尽に融合した“和製洋楽カバーアルバム”として、想像を超える化学反応が楽しめる作品となっている。




◎デビューアルバム『SHAKUHACHI』
2016/09/26 RELEASE
[CD]SECL-1998 / 2,870円+税


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい