VMAsでリアーナにキスを拒否られたドレイク、舞台裏での失態も明らかに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

VMAsでリアーナにキスを拒否られたドレイク、舞台裏での失態も明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
VMAsでリアーナにキスを拒否られたドレイク、舞台裏での失態も明らかに

VMAsでリアーナにキスを拒否られたドレイク、舞台裏での失態も明らかに

 8月28日に開催された【MTVビデオ・ミュージック・アワード2016】にて、ビデオ・ヴァンガード賞を受賞したリアーナのプレゼンターを務めたのはドレイクだった。ドレイクは「22歳の時から彼女に恋している。世界一のベストフレンドだ」と愛のこもったスピーチで観衆の喝采を浴びたものの、リアーナ本人は目を大きくするだけだった。そしてリアーナは、おそらく唇にキスしようとして身を寄せたドレイクを、優しくハグしてかわしていた。



 しかしその舞台裏でも、最終的に授賞式で失敗をこうむることになるドレイクにとって、さらに気まずい事態が起きていたようだ。リアーナのふんわりしたドレスの長い裾を踏んでしまったのだ。ゴシップ・ニュース・サイト“Just Jared”の報道をみると、ドレイクにドレスを踏まれたリアーナは声をあげ、それをごまかすためドレイクは少し飛び跳ねながら小走りし、何事も無かったかのように歩き始めている。



 MTVスタッフのサンドラ・ジェイがその時の様子を撮影しており、インスタグラムに同映像を投稿している。






◎sandra_jay インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BJrcB64jm4-/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい