元ナイン・インチ・ネイルズのジェームズ・ウーリー(50)が死去 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元ナイン・インチ・ネイルズのジェームズ・ウーリー(50)が死去

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 90年代初期、ナイン・インチ・ネイルズの絶頂期にキーボーディストを務めていたジェームズ・ウーリーが、先週末に亡くなっていたことが明らかになった。まだ50歳だった。


 ウーリーの元妻であるケイト・ヴァン・ビューレンが8月16日、フェイスブックで同ニュースを公表した。ナイン・インチ・ネイルズの代表作『ザ・ダウンワード・スパイラル』のレコーディング中だった1991年に出会ったことを振り返りつつ、ウーリーの事を綴っている。ただし、死因については触れていない。


 トレント・レズナー率いる同バンドに1991年から1994年まで在籍していたウーリーは、最初の【ロラパルーザ】出演をはじめ、アルバム『ザ・ダウンワード・スパイラル』における大規模ツアーにも参加した。


 ヴァン・ビューレンは、「ジェームズはナイン・インチ・ネイルズで一生懸命働き、プレイしました。彼はキーボード演奏にクールさをもたらしましたが、それはギターやドラムでやるほど簡単なものではありません」とも綴っている。


 1991年後半にロサンゼルスのSunset Social Clubで出会ったという2人。「一目惚れだったわ」と振り返るヴァン・ビューレンは、当時、彼がナイン・インチ・ネイルズのメンバーだとは知らなかったそうだ。1994年にウーリーが同バンドを抜けた後、2人は結婚し家族になった。


 ヴァン・ビューレンは「ブレンダン、メアリー、アンのウーリー一家と彼が愛する人々のために、どうか祈ってもらえるよう友人たちに知らせたかった次第です」としている。


 ウーリーはシカゴのインダストリアル系バンド、Die Warzauを経てナイン・インチ・ネイルズに参加。その後、ジューダス・プリーストのボーカリスト、ロブ・ハルフォードをフィーチャーした2woに短期間在籍したほか、米TVアニメ『ザ・シンプソンズ』の舞台音響の仕事や、他多くの音楽プロジェクトで演奏およびプロデュースをしてきた。


 YouTubeにあがっている『マーチ・オブ・ザ・ピッグス』のオフィシャル・ミュージック・ビデオでは、ウーリーがレザー・ジャケットに身を包みキーボードを演奏する姿が見られる。




◎Nine Inch Nails - March Of The Pigs (Unclean Live)
https://www.youtube.com/watch?v=PL72Tyxe1rc


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい