おのののか初のMV出演! 栞菜智世「Blue Star」の切ないメロディをバックに女の子の苦悩&葛藤を表現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

おのののか初のMV出演! 栞菜智世「Blue Star」の切ないメロディをバックに女の子の苦悩&葛藤を表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
おのののか初のMV出演! 栞菜智世「Blue Star」の切ないメロディをバックに女の子の苦悩&葛藤を表現

おのののか初のMV出演! 栞菜智世「Blue Star」の切ないメロディをバックに女の子の苦悩&葛藤を表現

 2016年8月24日にリリースされる、栞菜智世の2ndシングル『Blue Star』より、おのののかが出演するタイトル曲のミュージックビデオ(edit ver.)(http://y2u.be/fWv7ljirv6E)が公開された。


 おのののかにとって初のMV出演となったのは、映画『僕だけがいない街』主題歌「Hear~信じあえた証~」にてメジャーデビューを飾った栞菜智世の新曲だった。おのののかは、大人へ近づく女の子の苦悩と葛藤をテーマに、一歩踏み出せずにもがきながら、その一歩へ向けて顔を上げて前を向くまでを見事に演じきっている。


 ストーリーシーンの撮影当日、自身のパートがなかった栞菜智世も撮影現場に同行し、おのののかと初対面。緊張を隠せない栞菜智世だったが、おのののかから「すごく素敵な歌で聴いた瞬間涙が出そうになりました」と声をかけられると恐縮しながらも、緊張の糸が緩んだ様子だったという。


 今作の監督を務めた坂本あゆみも「今回、役作りをものすごく細かくやっていて、おのさん本人にも考えてもらったことがいっぱいあって忙しい中どれくらいやれるかなと思っていたけれど、(役名の)本田智恵ちゃんがそこにいたなと思いました」と“女優おのののか”の演技に惚れ込んでいた。


 なお、MVの完全版はシングル『Blue Star』初回限定盤に収録される。




◎おのののか-コメント
<撮影について>
初めてのミュージックビデオですし、まだ演技も初心者なので、本当にどうしたらよいのかわからない状態で始まったのですが、撮影の前から監督とも何度もお話をさせて頂き初めてでしたが安心して撮影に挑むことができました。


◎栞菜智世-コメント
<撮影を終えて>
緊張しましたが、記憶が所々ないくらいグッと入り込めたところがあったのでそこは吸収できたかなと思います。自分がいかに前向きになれるか、ちょっとでも光が見えたらそこに向かって頑張っていく真っ直ぐな心だったり……という想いもこの曲に込められているので、少しでも気持ちを明日に向けて思わせてくれるような感情で歌わせていただいたのでそういう所も感じとっていただけたら嬉しいです。


◎2ndシングル『Blue Star』
2016/08/24 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]UPCH-89286 / 1,600円+税
[通常盤(CD)]UPCH-80439 / 1,000円+税
<限定盤DVD>「Blue Star」ミュージックビデオ完全版収録
<共通CD>「Blue Star」他1曲と、それぞれのinstrumental ver.を収録
発売元/販売元:ユニバーサルミュージック/ EMI Records


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい