注目の若きDJ、マーティン・ギャリックスがSonyとワールドワイド契約 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

注目の若きDJ、マーティン・ギャリックスがSonyとワールドワイド契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
注目の若きDJ、マーティン・ギャリックスがSonyとワールドワイド契約

注目の若きDJ、マーティン・ギャリックスがSonyとワールドワイド契約

 Sony Music Internationalがオランダ出身で弱冠20歳の若きプロデューサー兼DJ、マーティン・ギャリックスとワールドワイド契約を締結したことが明らかになった。


 ギャリックスは2013年のスマッシュヒット「Animals」で一躍有名になって以来、エレクトロミュージック界におけるビッグネームの1人となっている。プレスリリースによると、同シングルはこれまでに1,000万コピー以上売り上げているそうだ。ギャリックスのSony初作品となるのはベベ・レクサをフィーチャーした「In The Name of Love」で、7月29日にリリースされる予定となっている。


 同プロデューサーはこれまでにエド・シーラン、アッシャー、アヴィーチー、ティエストなど、ジャンルをまたいで様々なスター達と一緒に仕事をしてきている。


 北/東ヨーロッパ、アフリカ、Sony Internationalの代表を務めるAdam Graniteはプレスリリースにて、「マーティンは今日の世界で最も卓越したDJ兼プロデューサー、そしてソングライターの一人です。彼と彼のチームをSony Musicファミリーに迎えることができ、これ以上の興奮はありません」と述べている。


 また、ギャリックス本人も「Sony Music Entertainmentのハングリー精神と情熱に溢れるチームと一緒に仕事ができるなんて、超興奮している。彼らのストリーミングに対する前向きな考えや、その情熱と連携した才能ある所属アーティストたちの素晴らしい顔ぶれ、そして僕の音楽の未来におけるビジョンへの理解に、何も不安はありません」などと語っている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい