ベイビーレイズJAPAN 復活したhideの夏フェスにて“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンス披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベイビーレイズJAPAN 復活したhideの夏フェスにて“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンス披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ベイビーレイズJAPAN 復活したhideの夏フェスにて“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンス披露

ベイビーレイズJAPAN 復活したhideの夏フェスにて“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンス披露

 1997年にhide(X JAPAN)が主催したイベント【MIX LEMONeD JELLY】が、2016年7月18日に千葉・舞浜アンフィシアターで復活し、そのステージに“EMOTIONAL IDOROCK(エモーショナル アイドロック)”を掲げるベイビーレイズJAPANが出演。氣志團、清竜人25、女王蜂、a flood of circle、The BONEZら、現在のフェスシーンで活躍するアーティストと並び、“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンスを披露した。

ベイビーレイズJAPAN ライブ写真


 オープニングSEから「虎虎タイガー!!」「ワハハ」と楽しくも勢いのある楽曲で観客の注目を集めると、『BSジャパン 女子ソフトボール中継テーマソング』として起用される新曲「シンデレラじゃいられない」と続け、ラストを彼女たちの楽曲の中で最も“エモい”と言われている「夜明けBrand New Days」で締めくくった。“アイドル”と“ロック”の垣根を取り払うべく、熱苦しいライブパフォーマンスを繰り広げている彼女たちが、新しいサウンドやカルチャーをジャンルレスで発信し続けたアーティスト・hideの夏フェスで、短時間ながらも多くの人々に熱を伝えたステージとなった。


 昨年末、東京ドームシティホールでの取材にてフェスで共演したいアーティスとして名前があがった“JAPAN”繋がりのX JAPAN。そのメンバーであるhideのフェスに参加できたということは、先日の【Japan Expo】での初海外ライブに続いて、また一つ、夢を叶えたといえるのではないだろうか。




◎2ndアルバム
2016/09/21 RELEASE
[初回限定盤A(CD+DVD)]PCCA-04428 / 3,241円+税
[初回限定盤B(2CDs)]PCCA-04429 / 3,241円+税
[通常盤(CD)]PCCA-04430 / 2,778円+税
<封入特典>※全形態共通
・デジタルビンゴカード(入力期限:2016年10月5日(水))


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい