レディオヘッド、「デイドリーミング」のオリジナル・ショート映像を一般公募 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

レディオヘッド、「デイドリーミング」のオリジナル・ショート映像を一般公募

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
レディオヘッド、「デイドリーミング」のオリジナル・ショート映像を一般公募

レディオヘッド、「デイドリーミング」のオリジナル・ショート映像を一般公募

 レディオヘッドは、最新アルバム『ア・ムーン・シェイプト・プール』を題材にアーティストそれぞれが解釈して作ったショートフィルムを公開してきたが、7月16日、今度はファンに対し1分間のビデオを送るよう求めた。


 ベン・ウィートリー(映画監督)、グラント・ジー(映画監督)、アダム・バックストン(コメディアン)、ヨルゴス・ランティモス(映画監督)、オスカー・ハドソン(映画監督)、タリク・バリ(ミュージックビデオ監督)、リチャード・アイオアディ(コメディアン)、ウィアードコア(ビデオ制作チーム)、Michal Marczak(撮影監督)などの小作品がすでに多数集められているが、レディオヘッドはファンのビデオコンテストを行うので応募してほしいと呼びかけた。参加者が映像のサウンドトラックとして使えるように、アルバムからの2ndシングル「デイドリーミング」の1分バージョンへリンクを貼るなどして援助している。


 “#RHVIGNETTE”というハッシュタグを付けてインスタグラム、ツイッター、フェイスブックで応募したファンの中から、レディオヘッドが入賞者を選んでRadiohead.comで発表する予定だという。コンテストの締め切りは7月30日となっている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい