米ソングチャートでドレイクが9週目の1位、シーアは初のTOP5入り

2016/07/12 18:00

 7月23日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にて、ドレイクのウィズキッドとカイラをフィーチャーした「ワン・ダンス」が9週目の1位となり、自己最長No.1記録に並んだ。ドレイクのこれまでの自己ベスト曲は、今年初旬に同じく9週No.1を獲得した「ワーク」(feat.リアーナ)だった。

あわせて読みたい

  • ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    6/21

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    Billboard JAPAN

    5/10

  • ドレイクが米ソングチャート10週目No.1に、史上4人目の快挙も

    ドレイクが米ソングチャート10週目No.1に、史上4人目の快挙も

    Billboard JAPAN

    7/19

    ドレイクの米ソング&アルバム両チャート連覇続く、ピンクがトップ10入り

    ドレイクの米ソング&アルバム両チャート連覇続く、ピンクがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    6/7

  • ドレイクの米ソングチャート制覇続く、リアーナはプレスリーと並ぶ記録樹立

    ドレイクの米ソングチャート制覇続く、リアーナはプレスリーと並ぶ記録樹立

    Billboard JAPAN

    6/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す