モトリー・クルーのヴィンス、ニコラス・ケイジに制止された女性への暴行で禁固刑か 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

モトリー・クルーのヴィンス、ニコラス・ケイジに制止された女性への暴行で禁固刑か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
モトリー・クルーのヴィンス、ニコラス・ケイジに制止された女性への暴行で禁固刑か

モトリー・クルーのヴィンス、ニコラス・ケイジに制止された女性への暴行で禁固刑か

 モトリー・クルーのフロントマンであるヴィンス・ニールが、今年4月、ラスベガス・ストリップのリゾートでとある女性に暴行を加え、俳優のニコラス・ケイジに力ずくで止められたとされる出来事において、軽暴行罪の罪に問われることが明らかになった。


 ゴシップ・サイト“TMZ”の報道によると、ニールは最大6か月間の禁固刑を科せられる可能性があるそうだ。


 同事件の発端となったのは、しつこくサインを求め付きまとってきた女性に対し、ニールが後ろから髪の毛をひっつかみ、地面に押し倒したとのこと。それをケイジが制止したという。


 35年前、ロサンゼルスでの一本のコンサートで全てが始まり、今年1月に活動を終えたモトリー・クルー。2014年から続いたフェアウェル・ツアーは、世界各地でおよそ150公演行なった後に幕を降ろした。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい