ファレルが『セサミストリート』で読書の大切さを歌う 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ファレルが『セサミストリート』で読書の大切さを歌う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ファレルが『セサミストリート』で読書の大切さを歌う

ファレルが『セサミストリート』で読書の大切さを歌う

 ファレル・ウィリアムスが子供向けテレビ教育番組『セサミストリート』に出演し、同番組のキャラクターであるエルモとクッキーモンスターに対し、本を読むことでどこにでも行け、何にでも出会えることを教えた。


 同番組の新しい映像にて、グラミー賞受賞プロデューサー/ソングライターでアーティストのファレルは、「B is for Book」(BはBookのB)という曲を歌いエルモとクッキーモンスターに読書の大切さを教えている。軽快なリズムにのった同曲でファレルは、「どこへでも行けるよ/椅子から立ち上がらなくても/読書することでね」などと歌っており、本を読むと想像の旅ができると説いている。


 昨年には、その名も“Happy”という子供向けの絵本を手掛けたり、低所得家庭の子供たちに5万冊の本を寄付しているファレル・ウィリアムス。そんな彼が人気のマペット・キャラクターと一緒に歌う様子は、現在YouTube上で視聴できる。




◎Sesame Street: B is for Book (with Pharrell Williams)
https://www.youtube.com/watch?v=2DhSk2mHtHo


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい