巨匠セルとクリーヴランド管弦楽団によるベートーヴェン名盤、SACDハイブリッドで堂々登場

2016/06/29 15:45

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、巨匠ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団によるベートーヴェンが1位と2位を同時に占める結果となった。どちらもソニー・クラシカルとRCA Red Sealの歴史的名盤を、タワーレコードとのコラボレーションにより、リリースするSACDハイブリッドの新シリーズ第1弾としてリリースされた。セルとクリーヴランド管弦楽団の名盤の中でも特に名高いベートーヴェンの交響曲全曲と序曲集を、3チャンネル・オリジナル・アナログ・マスターから2チャンネルへリミックスし、DSDリマスタリングを行なった。解説書には、資料性の高いライナーノーツを掲載。今後のシリーズ展開も見逃せないラインナップになりそうだ。

あわせて読みたい

  • クレーメル『バッハ 無伴奏ソナタ』SACDリニューアル盤が第1位

    クレーメル『バッハ 無伴奏ソナタ』SACDリニューアル盤が第1位

    Billboard JAPAN

    7/6

    ヴァイオリニスト宮本笑里、3年半ぶりのニューアルバム『birth』2週連続の第1位

    ヴァイオリニスト宮本笑里、3年半ぶりのニューアルバム『birth』2週連続の第1位

    Billboard JAPAN

    9/30

  • 巨匠達の復刻盤が怒濤のチャートイン モントゥー、シューリヒト、シェリング、グルダ、クイケン兄弟

    巨匠達の復刻盤が怒濤のチャートイン モントゥー、シューリヒト、シェリング、グルダ、クイケン兄弟

    Billboard JAPAN

    9/17

    90周年を迎えるNHK交響楽団、戦後初の世界一周ツアーを記録したボックスが第1位

    90周年を迎えるNHK交響楽団、戦後初の世界一周ツアーを記録したボックスが第1位

    Billboard JAPAN

    8/17

  • 【ビルボード】村治佳織『ラプソディー・ジャパン』とカラヤン&ベルリン・フィルのベートーヴェン全集がともに1位

    【ビルボード】村治佳織『ラプソディー・ジャパン』とカラヤン&ベルリン・フィルのベートーヴェン全集がともに1位

    Billboard JAPAN

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す