【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が週間セールス13万枚を突破し、6週目の首位をマーク

2016/06/15 12:05

 100万枚を超える初動枚数を突破した初登場週から、6週にわたってNo,1を死守しているドレイクの4thアルバム『ヴューズ』。ソング・チャートでも、アルバムからのタイトルが100位内に10曲ランクインするという強さをみせていて、それらのストリーミング・ポイントが、アルバムのセールスに大きく反映していることが、大ヒットの要因となっている。

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が通算3週目の首位を獲得。メーガン・トレイナーは初登場3位に

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が通算3週目の首位を獲得。メーガン・トレイナーは初登場3位に

    Billboard JAPAN

    5/25

    【米ビルボード・アルバム・チャート】2か月ぶりにドレイクが1位返り咲き!アッシャー新作は5位初登場

    【米ビルボード・アルバム・チャート】2か月ぶりにドレイクが1位返り咲き!アッシャー新作は5位初登場

    Billboard JAPAN

    9/28

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】接戦となった今週のチャートを制したジージー、自身3作目となるNo.1獲得

    【米ビルボード・アルバム・チャート】接戦となった今週のチャートを制したジージー、自身3作目となるNo.1獲得

    Billboard JAPAN

    11/9

     【米ビルボード・アルバム・チャート】ガガ4作連続首位! ブーブレ、ペンタトニックス、コーンなどTOP20圏内に11作が初登場

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ガガ4作連続首位! ブーブレ、ペンタトニックス、コーンなどTOP20圏内に11作が初登場

    Billboard JAPAN

    11/2

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが8週目のNo.1に、レッチリは惜しくも2位に初登場

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが8週目のNo.1に、レッチリは惜しくも2位に初登場

    Billboard JAPAN

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す