ドレイクの米ソング&アルバム両チャート連覇続く、ピンクがトップ10入り

2016/06/07 15:47

 ドレイクの「ワン・ダンス」(feat.ウィズキッド&カイラ)が最新の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”(6月18日付)にて、非連続4週目のNo.1となった。一方、ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」は全米のラジオで最も聴かれている曲となっており、“Radio Songs”チャートにおいてここ25年で最も早く首位を獲得した男性アーティストとなった。さらには、ピンクが「ジャスト・ライク・ファイア」で2013年ぶりにトップ10入りを果たしている。

あわせて読みたい

  • ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    6/21

    ドレイク、米ソング&アルバム両チャートで4週目のNo.1に

    ドレイク、米ソング&アルバム両チャートで4週目のNo.1に

    Billboard JAPAN

    6/15

  • シーアが米ソングチャート1位死守、チェインスモーカーズがトップ10内初登場

    シーアが米ソングチャート1位死守、チェインスモーカーズがトップ10内初登場

    Billboard JAPAN

    8/9

    ドレイクが米ソングチャート10週目No.1に、史上4人目の快挙も

    ドレイクが米ソングチャート10週目No.1に、史上4人目の快挙も

    Billboard JAPAN

    7/19

  • ザ・チェインスモーカーズ、全米ソングチャート5週目No.1に

    ザ・チェインスモーカーズ、全米ソングチャート5週目No.1に

    Billboard JAPAN

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す