【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が通算3週目の首位を獲得。メーガン・トレイナーは初登場3位に

2016/05/25 13:30

 登場3週目にして、24万枚の週間セールスを獲得したドレイクの『ヴューズ』。すでにミリオンを突破している本作だが、ヒットの要因として、ソング・チャートに収録タイトル全曲がランクインする快挙を達成したことが上げられる。今週の総合売上は24万枚だが、実質上のアルバム・セールス(ダウンロード数)は10万枚を下回り、残りの14万枚は、アルバムに収録されているそれぞれのポイント(ストリーミング数、デジタルセールス)によるものだ。

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が週間セールス13万枚を突破し、6週目の首位をマーク

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が週間セールス13万枚を突破し、6週目の首位をマーク

    Billboard JAPAN

    6/15

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクVSビヨンセVSレディオヘッド、チャートを制したのは?

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクVSビヨンセVSレディオヘッド、チャートを制したのは?

    Billboard JAPAN

    5/18

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが8週目のNo.1に、レッチリは惜しくも2位に初登場

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが8週目のNo.1に、レッチリは惜しくも2位に初登場

    Billboard JAPAN

    6/29

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ジェイソン・アルディーンが3作連続のNo.1デビュー、バスティルは初登場4位

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ジェイソン・アルディーンが3作連続のNo.1デビュー、バスティルは初登場4位

    Billboard JAPAN

    9/21

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがジャスティン・ティンバーレイクから首位を奪還

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがジャスティン・ティンバーレイクから首位を奪還

    Billboard JAPAN

    5/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す