今秋、東京・大阪がパリになる――フルオケで甦るクロード・ルルーシュ監督×フランシス・レイの名作 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今秋、東京・大阪がパリになる――フルオケで甦るクロード・ルルーシュ監督×フランシス・レイの名作

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
今秋、東京・大阪がパリになる――フルオケで甦るクロード・ルルーシュ監督×フランシス・レイの名作

今秋、東京・大阪がパリになる――フルオケで甦るクロード・ルルーシュ監督×フランシス・レイの名作

 今から50年前の1966年、カンヌ国際映画祭・グランプリに輝いた『男と女』をはじめ、クロード・ルルーシュ監督とフランシス・レイの哀愁漂うスコアによる名作の数々が、フルオーケストラの演奏と共に甦る【クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!】の開催が決定した。


 このプロジェクトは2014年9月、パリのアンヴァリッド広場にて、フランスの国民的一大文化イベントとして開催された。そのあまりの素晴らしさに世界中の映画ファンが狂喜した。世界中で再演が望まれながらも不可能とされた幻が、本国フランス以外の海外では、日本のみで遂に実現する。『男と女』を筆頭に、『パリのめぐり逢い』『あの愛をふたたび』『愛よもう一度』『愛と哀しみのボレロ』など、フランス映画界の名コンビ、クロード・ルルーシュとフランシス・レイが創り出してきた傑作映画17作品のハイライトシーンをオムニバス的に再編集、このコンサートだけの全く新しい映像作品として巨大スクリーン上映される。名優たちのセリフ、効果音はそのままに、音楽を総勢60人の壮大なオーケストラ、バンド、歌手の生演奏と共に再構成して贈られる、特別ページェントで、ジャン=ルイ・トランティニアン、アヌーク・エーメ、イヴ・モンタン、アニー・ジラルド、ジャン=ポール・ ベルモンド、カトリーヌ・ドヌーヴら、銀幕の大スターたちが最も輝いていた姿で銀幕に息づく。


 フランス映画界のゴールデン・コンビによる、全編通して見逃せない場面の連続となるベスト・オブ・ベストなセレクション。日本におけるフランス・ブームの原点となったフランス映画の最高傑作『男と女』製作50周年記念の今秋、まさに東京・大阪がパリになる。




◎【クロード・ルルーシュ・イン・コンサート】
<演目>
『男と女』『パリのめぐり逢い』『あの愛をふたたび』『愛よもう一度』『愛と哀しみのボレロ』ほか
※映画の上映に関しましては各映画の全編上映でございません。予めご了承ください。
※「ボレロ」のみモーリス・ラヴェル作曲となります。
<演奏>
指揮:ニコラ・ギロウ/オーケストラ:東京ニューシティ管弦楽団/ソロ ヴァイオリン:アン・グラヴォワン
バンド:パトリック・マヌギアン(G)、フィリップ・シャイエブ(B)、ディディエ・ガッツォ(D)、シリル・バルベソル(P) ほか
<東京公演>NHKホール
2016年9月21日(水)OPEN 18:00/ START 19:00
2016年9月22日(木・祝)OPEN 13:00 / START 14:00
S席:12,000円
A席:11,000円
※全席指定・税込、未就学児入場不可
一般:6月18日(土)より各プレイガイドにて
先行:http://bit.ly/1Vfn5N4">http://bit.ly/1Vfn5N4 5月24日(火)12:00~
<大阪公演>フェスティバルホール
2016年9月20日(火)OPEN 18:00 / START 19:00  
S席:9,800円
A席:7,800円
SS席:11,800円
BOX席:15,000円
※全席指定・税込、未就学児入場不可
一般:6月11日(土)より各プレイガイドにて
先行:http://bit.ly/1Vfn5N4">http://bit.ly/1Vfn5N4 5月24日(火)12:00~


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい