レディオヘッドが“失踪”から新曲公開、レッチリも新曲、マッカートニーやストーンズ集結のスーパー・フェス開催:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPAN

 今週、遂にレディオヘッドが新曲「Burn The Witch」をリリースした。一時はウェブ上から“失踪”、そのWEB展開からして大きな話題となったレディオヘッドだが、新曲「Burn The Witch」もまた、これまでの彼らのサウンドイメージを覆す、斬新で挑戦的なものになった。同時に公開されたMVも強く政治的なメッセージを感じさせるもので、来るアルバムにさらに期待が高まる。引き続き注目しよう。


レディオヘッドが新曲「Burn The Witch」を遂に公開
レディオヘッドがウェブ上から失踪、一部ファンに謎のチラシ届く


 同じく今週サプライズリリースをしたのがレッチリことレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。こちらも世界最大級のバンドの一つだが、直前のプロモーションではやはりレディオヘッドに軍配が上がったか。また、イギリスを代表する若手アーティストであるジェイムス・ブレイクも今週サプライズ気味に新作アルバムをリリースしている。


レッチリ ニューAL『ザ・ゲッタウェイ』を6/17にリリース、最新シングル配信スタート
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、新曲公開&ニューアルバム詳細発表


 “サプライズ”というのは近年のプロモーションの鍵だが、こちらも大きなサプライズとなったのが、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニー、ザ・フー、ロジャー・ウォーターズ、ローリング・ストーンズ、ニール・ヤングという超強力な面子が揃ったフェス。こちらは何ヶ月も前から噂が先行していたが、やはりそのラインナップは世界に大きな衝撃をあたえた。


マッカートニー、ストーンズ、ディラン、ヤングらが共演の【デザート・トリップ】 各種チケット代など詳報
マッカートニー、ストーンズ、ディラン、ヤングらが共演の豪華フェスの開催が遂に正式決定
ボブ・ディラン、ポール・マッカートニー、ザ・フー、ロジャー・ウォーターズ、ローリング・ストーンズ、ニール・ヤングが次々に意味深動画を公開、10月に噂のフェス開催か


 ビヨンセのこれまた“サプライズ”アルバム『レモネード』。4月23日にリリースされた同作だが、順当に今週のUSビルボードアルバムチャートで首位に。女王の貫禄を見せつけた。また、総合ソングチャート“Hot100”ではデザイナーが首位を死守。また、日本ではレイチェル・プラッテン「ファイト・ソング」が4週連続となる首位を飾っている。


【米ビルボード・アルバム・チャート】ビヨンセが新作で首位デビュー、TOP10圏内にプリンス5作品ランクイン
【米ビルボード・ソング・チャート】デザイナーが2週目の首位死守、ビヨンセがTOP10圏内にエントリー
来日イベントも好評だったレイチェル・プラッテン「ファイト・ソング」が4週連続となる洋楽チャート制覇 Twitter首位はプリンス


 最後は終了した来日公演の話題。新作アルバム『カレンツ』も好評だったテーム・インパラの来日公演、そしてリマール、アール・スリック&バーナード・ファウラーによるボウイの『ステイション・トゥ・ステイション』のトリビュート公演などがそれぞれ話題に。今後も見逃せない来日公演が続く。


「YES I'M CHANGING」 僕は変化を恐れない―テーム・インパラ来日公演レポート
リマール、デュラン・デュランのトリビュートも満載!完璧なポップ・ソングで彩ったジャパン・ツアー最終日のライブレポートが到着!
デヴィッド・ボウイへのオマージュとレクイエムを込めた渾身のステージ。アール・スリックとバーナード・ファウラーの“想い”に心を寄せるエキサイティングな夜


その他の注目ニュース
ウディ・アレン監督がマイリー・サイラスを起用した理由
パフ・ダディが音楽からの引退を表明、俳優業に専念
長く愛され続ける曲を歌い続けるソウル界の至宝による心地よいサウンドに酔う『ライフ・オン・アース』(Album Review)
プリンスが生前に絶賛したキャンディス・スプリングスのデビューアルバム『ソウル・アイズ』リリースが決定
政治的/社会的なテーマをグローバルな視点から問う、アート・ロックというPJハーヴェイの“戦い方”(Album Review)

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック