パフ・ダディが音楽からの引退を表明、俳優業に専念 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パフ・ダディが音楽からの引退を表明、俳優業に専念

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
パフ・ダディが音楽からの引退を表明、俳優業に専念

パフ・ダディが音楽からの引退を表明、俳優業に専念

 パフ・ダディことショーン・“ディディ”・コムズが最後のアルバム『ノー・ウェイ・アウト2』をリリースした後、俳優業に専念する予定であることが明らかになった。新しいインタビューで同ラッパー自身が打ち明けている。


 ディディは葉巻の専門情報誌“Cigar Aficionado”に対し、「俺は最後のアルバムを発表して、全ての時間を映画をやるのに捧げるつもりだ……絶好の時にやめたいのさ。やめるには最後のアルバムがぴったりなんだ。ビクトリー・ランをしたいし、ワールド・ツアーをやって最後にもう一度、本当に楽しみたいのさ」と話している。


 同誌6月号の表紙を飾っているディディはさらに、「俺が死んでも曲だけは生き残る。俺が作る音楽がずっと生き続けるのは分かってるさ。ラジオで自分の曲を耳にしたり、ただアツくなるためにはスタジオに入らない。マイケル・ジャクソン、2パック、ノトーリアス・B.I.G.……は音楽のなかで生き続けている。彼らがもうこの世にいなくてもね。本当にディープだろ。まさに信仰みたいなものさ」と加えている。


 ディディは2015年暮れにも『ノー・ウェイ・アウト2』が最後のアルバムになることについて触れていた。現時点では同アルバムのリリース日は分かっていないが、2016年中には発表すると見られる。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい