デザイナー「パンダ」が遂に米ソングチャートNo.1、米アーティストが41週ぶりの首位に

2016/04/26 18:30

 デザイナーのデビュー作にして大ヒット曲「パンダ」が、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”(5月7日付)で首位に立つことがわかった。ニューヨーク州ブルックリンのベッドフォード=スタイベサント出身の同ラッパーは、ドレイクをフィーチャーしたリアーナ「ワーク」の9週に渡った首位制覇を食い止めるとともに、41週ぶりに米国出身アーティストが同チャート首位を奪回した。また、ドレイクの「ワン・ダンス」が同チャートのトップ5入りを果たしている。

あわせて読みたい

  • リアーナが米ソングチャートで9週目首位、ビーバーは新記録樹立

    リアーナが米ソングチャートで9週目首位、ビーバーは新記録樹立

    Billboard JAPAN

    4/19

    ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    6/21

  • リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

    リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

    Billboard JAPAN

    2/23

    シーアが米ソングチャート初のNo.1に、ドレイクの連覇を阻止

    シーアが米ソングチャート初のNo.1に、ドレイクの連覇を阻止

    Billboard JAPAN

    7/26

  • ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    Billboard JAPAN

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す