ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、不妊治療のすえ女児誕生 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、不妊治療のすえ女児誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、不妊治療のすえ女児誕生

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、不妊治療のすえ女児誕生

 ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲン夫妻に第一子となる女児が誕生した。レジェンドは、「僕たちの新しい愛が誕生した! ルナ・シモーネ・スティーブンスさ、4月14日木曜に生まれた。これ以上の幸せはないよ」とツイートしている。


 また、テイゲンもインスタグラムで赤ん坊の体重が6ポンド11オンス(約3,000g)であることを発表。「生まれたわ! ルナ・シモーネ・スティーブンス、私たちはあなたの事をすごく愛してるわ! それに眠い。すごく眠い」と投稿している。


 昨年10月、テイゲンは不妊治療をしていることを自身の番組『FABLife』で明かし、「ジョンと私には問題があるの。できれば5、6年前に子供が欲しかった。でもまだで、不妊治療の専門医にかかってるのよ」と話していた。


 2013年に結婚したレジェンドとテイゲンは、赤ん坊の性別を12月まで明らかにしなかった。


 テイゲンは2月、ピープル誌に「私が決めたのよ。女の子を生むことだけでなく、小さな胎芽の時にこの子を選んだの。彼女を選んだ私は、“この子にしよう”という感じだったわ」と明かしていた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい