KISSがポール・スタンレー抜きでチャリティ・パフォーマンス 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KISSがポール・スタンレー抜きでチャリティ・パフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
KISSがポール・スタンレー抜きでチャリティ・パフォーマンス

KISSがポール・スタンレー抜きでチャリティ・パフォーマンス

 KISSのポール・スタンレーが肩の手術を受けたため、予定されていたショーに参加できなかったことが明らかになった。


 スタンレーは、「二頭筋腱が断裂してしまった。ネジと縫合で元通りに固定する手術をしたんだ。今できることがあまりない!」とフェイスブックおよびツイッターで報告するとともに、「素晴らしいドクターのおかげで、ツアーのず~っと前には良くなってロックする準備ができているはずさ!」とも綴っている。


 4月15日に行われた多発性硬化症の研究のためのチャリティ・コンサートでは、ジーン・シモンズ、トミー・セイヤー、エリック・シンガーの3人が、お馴染みのステージメイクと衣装に身を包んで4曲を披露した。KISSはビバリー・ヒルトン・ホテルにおける第23回【Race to Erase MS(多発性硬化症撲滅の闘い)】資金調達イベントでヘッドライナーを務めたのだ。


 人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の元審査員ランディ・ジャクソンがバンドを紹介し、スタンレー不在の理由を説明。KISSのこの夏のツアーまでには回復するだろうと話した。


 KISSの他、エリック・ベネイ、デイヴィッド・フォスター、音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』の優勝者ジョーダン・スミスなどが出演した同チャリティ・ディナー。神経系疾患である多発性硬化症の治療法開発のためにと、当日集まった寄付金は25万ドル(約2,700万円)以上にもおよんだという。


 ポール・スタンレー抜きで行われたトリオ編成によるKISSの同パフォーマンス映像は現在、YouTube上で視聴できる。




◎KISS "Cold Gin" & "Rock and Roll All Nite" Live at The Beverly Hilton, Race to Erase MS Gala 4/15/16
https://www.youtube.com/watch?v=bPByXbjMa0c


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい