リアーナが米ソング・チャート7週No.1、フィフス・ハーモニーが初のトップ10入り

2016/04/05 21:05

 4月16日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”では、ドレイクをフィーチャーしたリアーナの「ワーク」が7週目のNo.1に輝いた。一方、フィフス・ハーモニーがタイ・ダラー・サインをフィーチャーした「ワーク・フロム・ホーム」で初のトップ10入りを果たしている。

あわせて読みたい

  • ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    ドレイクが依然全米チャート独走、新人ケント・ジョーンズがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    6/21

    リアーナが米ソング・チャート5週目の1位、アリアナ・グランデは10位に初登場

    リアーナが米ソング・チャート5週目の1位、アリアナ・グランデは10位に初登場

    Billboard JAPAN

    3/22

  • リアーナが米ソングチャートで9週目首位、ビーバーは新記録樹立

    リアーナが米ソングチャートで9週目首位、ビーバーは新記録樹立

    Billboard JAPAN

    4/19

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    Billboard JAPAN

    5/10

  • 米シングル・チャートでリアーナが3週目のNo.1、ケリー・クラークソンが急浮上

    米シングル・チャートでリアーナが3週目のNo.1、ケリー・クラークソンが急浮上

    Billboard JAPAN

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す