ジョージ・マーティンが語っていた音楽業界の未来に対する見解

2016/03/11 19:43

 3月8日に90歳で亡くなったビートルズの名プロデューサー、ジョージ・マーティンは、2008年の米ビルボードとのインタビューにて、この10年で音楽業界がどうなるのかについての考えを語っていた。CDのパッケージ・セールスの衰退が激しくなるなか、デジタル・ダウンロードが少しずつ伸びていき、全て最良な形で正常な状態に戻るだろう、と述べている。

あわせて読みたい

  • バークリー音楽大学、初めてミュージシャン以外も入学可能に

    バークリー音楽大学、初めてミュージシャン以外も入学可能に

    Billboard JAPAN

    8/12

    『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”といわれた音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンの一周忌

    『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”といわれた音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンの一周忌

    Billboard JAPAN

    3/8

  • YouTubeの未来はどうなる? 音楽部門総責任者リオ・コーエンが語る

    YouTubeの未来はどうなる? 音楽部門総責任者リオ・コーエンが語る

    AERA

    12/10

    『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”といわれた音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンの命日

    『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”といわれた音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンの命日

    Billboard JAPAN

    3/8

  • 柴那典、玉井健二、グランジ・遠山大輔が ウィズ・コロナ時代の音楽を語るYouTubeLiveレポート

    柴那典、玉井健二、グランジ・遠山大輔が ウィズ・コロナ時代の音楽を語るYouTubeLiveレポート

    Billboard JAPAN

    6/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す