GEM センター留学という分岐点で踏み出した進化への道「10人での思い出を大切に前に進んでいきたい」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

GEM センター留学という分岐点で踏み出した進化への道「10人での思い出を大切に前に進んでいきたい」

Billboard JAPAN
GEM センター留学という分岐点で踏み出した進化への道「10人での思い出を大切に前に進んでいきたい」

GEM センター留学という分岐点で踏み出した進化への道「10人での思い出を大切に前に進んでいきたい」

 実力でアイドル界No.1を目指している、avex発の10人組ガールズグループ GEM。2月26日に新宿BLAZEにて定期公演【GEM Live Mixture 2016 ~3rd STAGE~】を開催した。

GEM キュートなライブ写真一覧


<平日にも関わらず昼夜2公演ともに大盛況 勢いを感じさせた公演>


 約8か月ぶりとなるGEMの定期公演。その幕開けとなるこの日は、平日にも関わらず昼夜2公演ともに大盛況。夜の部ではメンバーが登場するなり「Oh!Oh!Oh!Oh!Oh!」と観客のシンガロングが巻き起こる等、今の彼女たちの勢いを感じさせる光景が広がっていた。3月23日にリリースを控える新シングルナンバー「Fine! ~fly for the future~」を冒頭から投下すれば、メンバーもオーディエンスも笑顔と肉体をハジけるように躍動させる。その後も互いにテンションを高め合いながら、定番のキラーチューンから前述の新シングルと同時リリースされる初アルバム『Girls Entertainment Mixture』収録曲まで、そのすべてを楽しげに歌い踊る会場のムードは相変わらずポップで明るい。


<「いつもと違う私たちを見てもらいたい」期待募らせる試み >


 また、同公演は、いつもは全員で披露しているナンバーをシャッフルメンバー=人数非固定という形で披露したり、ダンス&ボーカルグループとしての魅力を際立たせるべく、コーラスはコーラス、ダンスはダンスだけで披露するコーナーも用意したりと、挑戦的な試みがいくつも施されていた。「もっともっとダンスもボーカルもスキルアップして、GEMの可能性を広げていきたい」「いつもと違う私たちを見てもらいたい」 そう言って初めて10人でのコーラスに挑戦した「Star Shine Story」では美しいハーモニーを響かせ、メンバー自ら振り付けを考えたダンスナンバーでは椅子を用いたセクシーなパフォーマンスを展開。


 これらのアプローチは、ハッキリ言ってまだまだ完璧と呼べるレベルではなかったが、実力でNo.1を目指しているGEMらしいチャレンジと言え、この先どこまで強烈なパフォーマンス集団になれるのか? この定期公演の中でどれだけの進化を遂げられるのか? もっと言えば、LAへの留学が決まっているセンター・武田舞彩を不安なしに送り出せるレベルまで辿り着けるのか? メンバー留学という分岐点で踏み出した進化への道。GEMがどのように歩んでいくのか、しっかり見届けたいと思わせるパフォーマンスでもあった。


<分岐点を前に「この10人での思い出を大切に前に進んでいきたい」>


 さらに、MC強化も兼ねてか、各公演ひとりずつメインMCを用意するトークコーナーも。この日の夜公演は伊藤千咲美が担当し、各メンバーへの想いを思い出の写真と共に紹介していく。6月25日で離れ離れになってしまう武田舞彩には「舞彩がLAに行くって聞いて、今の10人の形が無くなるのが寂しくて。でも舞彩はストリート生時代、名古屋時代からずっと一緒にやってきて、細かい事でもすぐ「大丈夫?」って聞いてくれたりとか、メンバーのことをすごく気遣ってくれて、そういうところが舞彩の良いところだなって思うし、自分の意思が強いところもすごく尊敬してます。だからLAに行っても、舞彩は絶対強くなって帰ってくるなって思うし、(日本での活動を続ける)私たちも頑張るね!」とメッセージ。


 また、そんなGEMとしての大きな分岐点を前にして、2014年1月1日、メジャーデビューした日に10人揃って笑顔を覗かせている写真と共に「この10人でここまでやってこれてよかったなって思うし、この10人じゃないとやれなかったこともたくさんあると思うので、これからもこの10人での思い出を大切に前に進んでいきたいと思います」と宣言した。


<新たなアンセムになり得る「Do You Believe?」の威力>


 10人の絆の深さを感じさせてくれた同公演。最後は10人のダンスとボーカルとキャラクター、その魅力のすべてを詰め込んだキラーチューン連発で、今やGEMの代表曲と言っても過言ではない「Do You Believe?」では、会場中のオーディエンスひとりひとりのテンションを空へと舞い上げるように熱唱、熱演。数年前のムーヴメント発生後、日本のアイドルシーンには“アンセム”と呼ばれる、ジャンルやファンの壁を超えて愛されている名曲がいくつか生まれているが、この曲が仲間入りする未来もそんなに遠くないのではないか。群集がその腕を振り上げ、共に歌い踊る光景が観られるのではないか。そんな夢想も広がるパフォーマンスを最後に見せつけてくれた。


 なお、GEMは、今後も各所でのライブ開催やイベント出演が決まっている。まだ10人のステージを生で体感したことがない人は、ブレイク直前のこの機会にぜひ足を運んでみてほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada


◎GEM イベント情報
【ピンクス&コピンクス!ラストライブ2016 MOMENT】
3月12日(土) 東京 ディファ有明
定期公演【GEM Live Mixture 2016 ~3rd STAGE~】
3月28日(月) 東京 新宿BLAZE
【アイドルお宝くじパーティーライヴ 桜満開! “俺たちのNo.1”決定戦!! ~ガチでマジな投票バトル!!~】
4月1日(金) 東京 EXシアター六本木
【シングル『Fine! ~fly for the future~』 1stアルバム『Girls Entertainment Mixture』発売記念イベント】
4月2日(土) 神奈川 横浜プレミアホール
ワンマンライブ【GEM Live Mixture 2016 ~Best 10ct Forever~】
5月3日(火・祝) 大阪 松下IMPホール
5月8日(日) 東京 品川ステラボール
【GEM結成3周年記念イベント】
6月11日(土) 東京 新宿BLAZE
【iDOL Street Carnival 2016 6th Anniversary ~RE:Я|LOAD~】
6月25日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
出演:SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、他


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい