カニエ・ウェストが早くも次のアルバムをアナウンス、タイトルは“PCエンジン”への敬意 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カニエ・ウェストが早くも次のアルバムをアナウンス、タイトルは“PCエンジン”への敬意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カニエ・ウェストが早くも次のアルバムをアナウンス、タイトルは“PCエンジン”への敬意

カニエ・ウェストが早くも次のアルバムをアナウンス、タイトルは“PCエンジン”への敬意

 2月に7枚目のスタジオ・アルバム『The Life of Pablo』をリリースしたばかりのカニエ・ウェストが、早くも、昔の家庭用ゲーム機に敬意を表し“Turbo Grafx 16”と題した8枚目のアルバムについてツイッターで発表した。“Turbo Grafx 16”とは、日本では“PCエンジン”の商品名で発売されていたゲーム機の北米版だ。


 長年の友人、Ibn Jasperが2月28日に同アルバムのスタジオ・セッションの様子を写真に収めており、そこにはウェストがプロデューサーのマイク・ディーンやPlain Pat、キッド・カディとともに作業を行っている姿がみられる。キャプションには「“Turbo Grafx 16”デー初日 #PABLo #MikeDean #CUDi #PlainPat」とある。キッド・カディは、『The Life of Pablo』収録のクリス・ブラウンをフィーチャーした「Waves」にも参加している。


 なお、カニエ・ウェストは先日、他にもドレイクやフューチャー、ヤング・サグとの曲を隠し持っていると口を滑らしている。また、ロサンゼルスのクラブ“1 OAK”で行われたVIPパーティーでは、ジェイ・Zをサンプリングした曲「Closest Thing To Einstein」をプレビュー公開した。


 カニエいわく、アルバム『Turbo Grafx 16』は今年の夏にリリースする予定とのことだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい