パリに戻ってきたイーグルス・オブ・デス・メタル、フロントマンが思いを語る

2016/02/17 22:14

 昨年11月13日のパリ同時多発テロで89人が犠牲になったバタクラン劇場にて、その夜公演を中断されたイーグルス・オブ・デス・メタルのフロントマン、ジェシー・ヒューズがパリに戻ってきた。自分にはバンドのショーを完結させる“神聖な”責任を感じていると話すとともに、同テロで銃に対する考え方が変わったわけではないと付け加えた。

あわせて読みたい

  • U2ボノ、パリ同時多発テロや難民問題などに触れた新曲を語る

    U2ボノ、パリ同時多発テロや難民問題などに触れた新曲を語る

    Billboard JAPAN

    12/8

    メタリカ、パリのバタクラン劇場で亡くしたプロジェクト・マネージャーを追悼

    メタリカ、パリのバタクラン劇場で亡くしたプロジェクト・マネージャーを追悼

    Billboard JAPAN

    11/19

  • テロ発生時にパリにいたU2、犠牲者多数の会場バタクランを訪問

    テロ発生時にパリにいたU2、犠牲者多数の会場バタクランを訪問

    Billboard JAPAN

    11/16

    パリ同時テロ 狙われた劇場にPerfume、きゃりーも出演していた

    パリ同時テロ 狙われた劇場にPerfume、きゃりーも出演していた

    週刊朝日

    11/18

  • コールドプレイ、パリを追悼しジョン・レノンの「イマジン」をカバー

    コールドプレイ、パリを追悼しジョン・レノンの「イマジン」をカバー

    Billboard JAPAN

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す