カニエ・ウェスト、“リリース遅延はチャンス・ザ・ラッパーのせい”とツイート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カニエ・ウェスト、“リリース遅延はチャンス・ザ・ラッパーのせい”とツイート

Billboard JAPAN
カニエ・ウェスト、“リリース遅延はチャンス・ザ・ラッパーのせい”とツイート

カニエ・ウェスト、“リリース遅延はチャンス・ザ・ラッパーのせい”とツイート

 カニエ・ウェストが、ニューアルバム『Life of Pablo』のリリースが遅れたのはチャンス・ザ・ラッパーのせいだと述べたことが明らかになった。


 ウェストは2月12日の深夜、チャンスが新曲「Waves」での自分のパートを完成させたがったために、待望のニューアルバムが公式リリースされなかったとツイート。「アルバムがまだリリースされないのはチャンスの過失さ……ヤツが“Waves”を入れることを望んだ……今まだ作業中……」と綴っている。


 また、チャンス・ザ・ラッパーは同アルバムのトラック・リストの写真とともに、「このアルバムに“Waves”を入れるため全力を注いだ。仕上げるのに終夜費やしたんだ。だからよりベターになったのさ」と綴っている。


 『Life of Pablo』は元々、11日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたウェストの発表イベントを終えて12日にリリースされる予定だった。


 その一方でウェストは、『Life of Pablo』で新たに施したマイナー・チェンジに興奮しており、12日の深夜に「全てが変わった今、俺はスッゲー興奮してる……みんなは『トロン』を見たことがあるかい? 『トロン』の最後では全てが明るくなるのさ!!!!」と綴っている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい