【先ヨミ】バンプとE-girlsが激しいトップ争いを展開! 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】バンプとE-girlsが激しいトップ争いを展開!

Billboard JAPAN
【先ヨミ】バンプとE-girlsが激しいトップ争いを展開!

【先ヨミ】バンプとE-girlsが激しいトップ争いを展開!

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年2月8日~2月10日までの集計が明らかとなり、BUMP OF CHICKEN『Butterflies』がトップに立っている。


 『Butterflies』は、BUMP OF CHICKENの約2年ぶりとなるオリジナルアルバム。シングル曲「Hello,world!」「コロニー」「パレード」などを含む全11曲入りの強力タイトルが現在1位。そして、その『Butterflies』を猛追しているのが、E-girls 初ベスト『E.G. SMILE -E-girls BEST-』。このベストアルバムには、彼女たちがこれまで発表したシングル曲に加え、新曲2曲が収録されている。1位と2位は僅差になっており、週末の売上げ動向が注目される。


 3位は、MAN WITH A MISSIONの4thアルバム『The World's On Fire』。関ジャニ∞ 渋谷すばるのカバーアルバム『歌』が4位に続き、ZARDのデビュー25周年記念オールタイムベスト『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』が5位となっている。
 
◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年2月8日から2月10日までの集計)
1位:BUMP OF CHICKEN『Butterflies』
2位:E-girls『E.G. SMILE -E-girls BEST-』
3位:MAN WITH A MISSION『The World's On Fire』
4位:渋谷すばる『歌』
5位:ZARD『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい