BIGBANG 大差で総合AL首位に!TOP3は韓流勢が並ぶ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BIGBANG 大差で総合AL首位に!TOP3は韓流勢が並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BIGBANG 大差で総合AL首位に!TOP3は韓流勢が並ぶ

BIGBANG 大差で総合AL首位に!TOP3は韓流勢が並ぶ

 アルバム総合チャート“Hot Albums”第37回目では、BIGBANGの新作『MADE SERIES』が2位以下を大きく引き離すポイントを叩き出し1位となった。


 『MADE SERIES』は、昨年末から開催しているドームツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】を記念して発売された作品。リリースに合わせて『MUSIC STATION』など露出が増えたこともあり、セールスでは他を寄せ付けないポイントでトップ。さらにデジタルでも2位の約2倍の数字で1位、ルックアップでも着実にポイントを稼いで断トツの総合No.1。BIGBANGの人気の高さを改めて見せつける結果となった。このドームツアーは、全4都市18公演で91万1千人動員という圧倒的スケールで、各地の公演に数々の著名人が来場していることも話題になった。BIGBANGは、日本でも確固たる地位を築いていると言えるだろう。


 TOP3は韓流アーティストが占めた今週の“Hot Albums”。2位は、セールスで2位に入るポイントが原動力となった超新星のメインボーカル ソンモの2ndミニアルバム『The future with U』。3位には、こちらもセールスでポイントを稼いだGOT7『モリ↑ガッテヨ』が入った。星野源『YELLOW DANCER』とback number『シャンデリア』は今週もTOP5入りを果たした。両作ともルックアップで高いポイントを稼ぎ続けていることから、今後もまだまだも上位に食い込んでくる可能性は高い。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい