【Jazz in the Gardens】にアレサ・フランクリン、ベイビーフェイス、クール&ザ・ギャングほか出演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【Jazz in the Gardens】にアレサ・フランクリン、ベイビーフェイス、クール&ザ・ギャングほか出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【Jazz in the Gardens】にアレサ・フランクリン、ベイビーフェイス、クール&ザ・ギャングほか出演

【Jazz in the Gardens】にアレサ・フランクリン、ベイビーフェイス、クール&ザ・ギャングほか出演

 “クイーン・オブ・ソウル”のアレサ・フランクリンをはじめ、ケニー・“ベイビーフェイス”・エドモンズ、ジャネール・モネイの3人が今年の【Jazz in the Gardens Music Festival】のラインナップに加えられた。出演者はこれで全て出揃った形だ。同イベントは今年で11回目となる毎年恒例の音楽と食のフェスティバルで、フロリダ州マイアミガーデンズのサンライフ・スタジアムにて3月18日から20日にかけて開催される。


 フランクリンはパフォーマンス・ステージのある初日19日の夜にヘッドライナーを務める。同日の他ラインナップは、クール&ザ・ギャング、マイケル・マクドナルド、アヴェレイジ・ホワイト・バンドをはじめ、ナジー、アレックス・ブーニョン、レジーナ・ベルをフィーチャーしたJazz in the Gardens All Starsなど。翌20日のラインナップは、アッシャーをヘッドライナーにベイビーフェイス、ジャネール・モネイ、ジャズ/R&B/ファンク・キーボーディストのブライアン・カルバートソン、ゴスペル界の重鎮 フレッド・ハモンドなどだ。コメディアンで俳優/ラジオ・パーソナリティのリッキー・スマイリーによる司会で行われる。


 10回記念となった昨年の【Jazz in the Gardens】では73,000人以上が来場。マクスウェル、エリカ・バドゥ、トニ・ブラクストン、R.ケリー、シーラ・E、ロイ・エアーズなどが出演した。ロイ・エアーズのステージでは、ドラマ『エンパイア~成功の代償(Empire)』から俳優のジャシー・スモレットとブライシャー・Y・グレーの登場もみられた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい