Album Review: 未来の沖縄音楽シーンを担う新星ネーネーズによる意欲作『ディッカ』

2016/02/11 00:47

 オキナワン・ポップスにおいて、ネーネーズはとてもユニークな存在だ。民謡の大家であり、同時にコンテンポラリーな沖縄音楽を追求してきた知名定男のプロデュースにより、1990年にデビュー。沖縄における女性コーラス・グループといえば、彼女たちというくらいの存在に成長した。メンバーチェンジを行いながら昨年は結成25周年を迎え、平均年齢が20代前半という若返った新布陣でセルフ・カヴァー作『reborn』をリリースしてメジャー復帰。そして、その流れでいよいよオリジナル・アルバム『DIKKA』が発表された。

あわせて読みたい

  • コンテンポラリーな民謡に果敢に挑んできた異端児=よなは徹がルーツに立ち返った味わい深い1枚(Album Review)

    コンテンポラリーな民謡に果敢に挑んできた異端児=よなは徹がルーツに立ち返った味わい深い1枚(Album Review)

    Billboard JAPAN

    4/12

    『チャーリー』チャーリーXCX(Album Review)

    『チャーリー』チャーリーXCX(Album Review)

    Billboard JAPAN

    9/18

  • 『ビガー・ラブ』ジョン・レジェンド(Album Review)

    『ビガー・ラブ』ジョン・レジェンド(Album Review)

    Billboard JAPAN

    6/22

    『フューチャー・ノスタルジア』デュア・リパ(Album Review)

    『フューチャー・ノスタルジア』デュア・リパ(Album Review)

    Billboard JAPAN

    4/1

  • 『ブライテスト・ブルー』エリー・ゴールディング(Album Review)

    『ブライテスト・ブルー』エリー・ゴールディング(Album Review)

    Billboard JAPAN

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す