ゼイン・マリクが米シングル・チャートで1位発進、ジョージ・ハリスン以来の栄誉も

2016/02/09 20:33

 ゼイン・マリクがワン・ダイレクション脱退後初となるソロ・シングル「Pillowtalk」にて、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”(2月20日付)の首位の座を射止めた。ワン・ダイレクション在籍時の最高位は2位(2013年のシングル「ベスト・ソング・エヴァー」)だったため、ゼインにとっては初の同チャートNo.1。さらには、45年以上も前に元ビートルズのメンバーが達成して以来、誰も成し得なかった栄誉も手にしている。

あわせて読みたい

  • J・ティンバーレイクが新曲で米1位発進、リアーナはマイケルの記録に並ぶ

    J・ティンバーレイクが新曲で米1位発進、リアーナはマイケルの記録に並ぶ

    Billboard JAPAN

    5/17

    米シングル・チャートでリアーナが3週目のNo.1、ケリー・クラークソンが急浮上

    米シングル・チャートでリアーナが3週目のNo.1、ケリー・クラークソンが急浮上

    Billboard JAPAN

    3/8

  • リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

    リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

    Billboard JAPAN

    2/23

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

    Billboard JAPAN

    5/10

  • 【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ9週No.1、ブルーノ・マーズ新曲が5位発進

    【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ9週No.1、ブルーノ・マーズ新曲が5位発進

    Billboard JAPAN

    10/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す