エリー・ゴールディングがあわや“溺死”の事故、凍った湖を走行中に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エリー・ゴールディングがあわや“溺死”の事故、凍った湖を走行中に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エリー・ゴールディングがあわや“溺死”の事故、凍った湖を走行中に

エリー・ゴールディングがあわや“溺死”の事故、凍った湖を走行中に

 エリー・ゴールディングと写真家のコナー・マクドネルが先月、ベルトワゴン(氷の上を走るために使われる牽引車)でノルウェーの凍った湖を渡っていた際に、危うく溺死する事故に遭っていたことが明らかになった。車両の重みで氷が割れ、2人は車の屋根によじ登って凍結した湖で溺れるのを免れたそうだ。


 マクドネルとゴールディングは、その“あわや”のエピソードをごく最近になってソーシャル・メディア上で告白した。ゴールディングはインスタグラムにて、「さかのぼること数週間前、私と写真家のコナー・マクドネルはマイナス30度の湖に落ちるところだった。自分自身への注意:凍った湖でBV206は運転しないように」と綴り、危うく命を落とすところだった3週間前の出来事を写した写真を公開した。写真には凍った湖面から車が半分以上沈んでいる様子が写っている。




◎エリー・ゴールディング・インスタグラム・アカウント
https://www.instagram.com/elliegoulding/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい