Album Review: アンドレ・ブラッテン『ゴード』 全編に流れる静謐な空気が冬を演出、ノルウェー産新感覚エレクトロニカ

2016/01/25 18:25

 ミニマルだけどロマンティック。ノルウェーのクラブ・シーンを揺さぶり続けているアンドレ・ブラッテンの2作目となる新作『ゴード』は、そんな相反する感覚が入り混じる不思議な作品だ。もともとはバレリアック系のサウンド・クリエイターだったというところからも、そのロマンティシズムの要素はあってもおかしくないのだが、まるでデトロイト・テクノのようなクールで無機質なビートを紡ぎながらも、ヨーロピアンならではのメランコリアを感じさせてくれる。実に新しい感覚のエレクトロニカと言っていいだろう。

あわせて読みたい

  • アコースティック・エレクトロニカ・トリオ“GOGO PENGUIN”、新AL発売へ&先行曲MVを公開

    アコースティック・エレクトロニカ・トリオ“GOGO PENGUIN”、新AL発売へ&先行曲MVを公開

    Billboard JAPAN

    3/9

    シャーリーズ・セロン主演映画『アトミック・ブロンド』、デヴィッド・ボウイの音楽から受けたインスピレーションとは

    シャーリーズ・セロン主演映画『アトミック・ブロンド』、デヴィッド・ボウイの音楽から受けたインスピレーションとは

    Billboard JAPAN

    9/21

  • ノルウェー発の青春音楽ロードムービー『ロスバンド』2月公開、メインビジュアル到着

    ノルウェー発の青春音楽ロードムービー『ロスバンド』2月公開、メインビジュアル到着

    Billboard JAPAN

    12/3

    Album Review: コールドプレイ『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』常に進化を図る最新のコールドプレイ・サウンドとは?

    Album Review: コールドプレイ『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』常に進化を図る最新のコールドプレイ・サウンドとは?

    Billboard JAPAN

    12/10

  • Album Review: エギル・オルセン その不思議な歌声で聴く者を虜にする、ノルウェー出身のSSWによる4年ぶりの新作

    Album Review: エギル・オルセン その不思議な歌声で聴く者を虜にする、ノルウェー出身のSSWによる4年ぶりの新作

    Billboard JAPAN

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す