【聖闘士星矢30周年展】なんと等身大“黄金聖闘士”が全12体初集結 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【聖闘士星矢30周年展】なんと等身大“黄金聖闘士”が全12体初集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【聖闘士星矢30周年展】なんと等身大“黄金聖闘士”が全12体初集結

【聖闘士星矢30周年展】なんと等身大“黄金聖闘士”が全12体初集結

 1985年12月より原作漫画の連載が開始され、アニメ、キャラクターフィギュアと次々に記録的ヒットを飛ばし、一大ブームを巻き起こした『聖闘士星矢』。その誕生30周年を記念して、車田プロダクションとの共催による【聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya】を2016年6月、秋葉原UDXにて開催する。

【聖闘士星矢30周年展】写真一覧


 本企画展は『聖闘士星矢』史上初となる、原画、アニメーション、フィギュアなど作品に関連するあらゆるアイテムを集めた企画展となり、初お披露目となる展示や、ファンが一緒に楽しめる内容を予定。そして目玉のひとつとして“黄金聖闘士”12体の等身大立像を展示することが決定した。


 “黄金聖闘士(ゴールドセイント)”は、十二宮を守護する最高位の聖闘士。等身大立像は、現在、双子座(ジェミニ)のサガ、獅子座(レオ)のアイオリア、乙女座(バルゴ)のシャカ、蠍座(スコーピオン)のミロ、射手座(サジタリアス)のアイオロス、水瓶座(アクエリアス)のカミュの6 体が制作されており、今回の企画展のために、新たに牡羊座(アリエス)のムウ、牡牛座(タウラス)のアルデバラン、蟹座(キャンサー)のデスマスク、天秤座(ライブラ)の童虎、山羊座(カプリコーン)のシュラ、魚座(ピスケス)のアフロディーテを制作する。


(C)車田正美・東映アニメーション


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい