オーディオソフト 2015年年間売上金額は約1982億円(税抜)、前年比99.8%とほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

2016/01/15 16:24

オーディオソフト 2015年年間売上金額は約1982億円(税抜)、前年比99.8%とほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】
オーディオソフト 2015年年間売上金額は約1982億円(税抜)、前年比99.8%とほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

 SoundScan Japanが、全国のCD・ビデオソフト店および広域チェーン店、書店、家電量販店等とEコマース各社で販売された音楽・映像 ソフト全ての商品のPOSデータを基に算出した「2015年年間オーディオ・ソフト売上動向」を発表した。(集計期間:2014年12月29 日~2015年12月27日)

 オーディオソフトの売上金額は前年比99.8%とほぼ横ばいで、約1982億円。売上数量は約8271万枚で、前年比から2ポイントダウンに留まった。また、リアル店舗・Eコマースといった販売チャネル別で売上金額をみると、Eコマースは、前年から売上金額を3.4ポイント上昇という結果に。リアル店舗の売上は下がったものの、61%という構成比は前年通りとなった。

 そしてアルバム・シングル別に売上金額を見ると、アルバムは0.6ポイントと微減、シングルの売上げは前年比より1ポイント増加となった。さらに、平均単価は前年比より上昇したことから、より高額商品へシフトしてきていることがうかがえる。

 2014年、2015年ともに売上金額は下降し続けているものの減少ペースは緩やかになり、販売チャネル別やパッケージの形態によっては増加も見られた2015年。日本でも各種ストリーミングサービスがスタートし、無料動画サイトが浸透するなど、気軽に音楽を聴く機会が増えたことでより音楽ファンを獲得し、パッケージ購入に結び付けたと言えるだろう。

あわせて読みたい

  • 音楽オーディオ首位は嵐 オーディオ総売上金額は前年比98.8%と微減 2019年 上半期音楽ソフト売上動向発表【SoundScan Japan調べ】

    音楽オーディオ首位は嵐 オーディオ総売上金額は前年比98.8%と微減 2019年 上半期音楽ソフト売上動向発表【SoundScan Japan調べ】

    Billboard JAPAN

    7/17

    SSJによる2014年の年間オーディオ・ソフト売上動向が発表 売上金額・販売数量ともに前年比約9割に減少

    SSJによる2014年の年間オーディオ・ソフト売上動向が発表 売上金額・販売数量ともに前年比約9割に減少

    Billboard JAPAN

    1/28

  • 2016年アナログレコードの合計売上金額は6億超(税抜)、売上枚数は約14.9万枚で前年比ほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

    2016年アナログレコードの合計売上金額は6億超(税抜)、売上枚数は約14.9万枚で前年比ほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

    Billboard JAPAN

    1/27

    2015年アナログレコードの合計売上金額は5億超(税抜)、前年比は21.1ポイントアップ 【SoundScan Japan調べ】

    2015年アナログレコードの合計売上金額は5億超(税抜)、前年比は21.1ポイントアップ 【SoundScan Japan調べ】

    Billboard JAPAN

    1/15

  • 2016年上半期音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約1,399億円【SoundScan Japan調べ】

    2016年上半期音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約1,399億円【SoundScan Japan調べ】

    Billboard JAPAN

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す