ドイツ外務省がデヴィッド・ボウイに謝辞「ベルリンの壁崩壊の手助けに感謝します」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドイツ外務省がデヴィッド・ボウイに謝辞「ベルリンの壁崩壊の手助けに感謝します」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ外務省がデヴィッド・ボウイに謝辞「ベルリンの壁崩壊の手助けに感謝します」

ドイツ外務省がデヴィッド・ボウイに謝辞「ベルリンの壁崩壊の手助けに感謝します」

 1月10日に死去したデヴィッド・ボウイは、音楽界のヒーローだっただけでなく、人道的な影響力も強かったようだ。ドイツ外務省が彼に感謝の意を表したのだ。


 ドイツの首都、ベルリンに居住したり、“ベルリン三部作”と呼ばれる一連のアルバム『ロウ』、『英雄夢語り(ヒーローズ)』、『ロジャー(間借人)』をレコーディングしているボウイ。1987年6月にベルリンの壁の近くでコンサートを行うと、その1週間後に当時のロナルド・レーガン米大統領が旧ソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長へベルリンの壁の取り壊しを申し入れ、2年後にはついに壁が崩壊したのだ。


 米国時間11日の朝、ドイツ外務省がツイッターで、「さようなら、デヴィッド・ボウイ。あなたはヒーローです。壁を壊すための貴方の手助けに感謝しています」と謝意を表した。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい