3週続けて第1位、清塚信也ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』10週連続のチャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3週続けて第1位、清塚信也ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』10週連続のチャートイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
3週続けて第1位、清塚信也ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』10週連続のチャートイン

3週続けて第1位、清塚信也ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』10週連続のチャートイン

 2016年年始のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位には、年末から引き続き3週連続で清塚信也のピアノ・ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』が獲得した。11月4日のリリースから10週連続のチャートインとなり、衰えぬ人気振りで記録をのばした。12月の舞台やディナーショー、ジルベスターやニューイヤーのコンサートを経て、1月9日にはビルボードライブ大阪でアルバムリリースの記念ライブを行うなどイベントが続いた。このあともデュオコンサートで各地をまわるため、ますますの記録更新が期待される。


 第3位は石川綾子の『ANIME CLASSIC』で、これでリリースから5週連続のチャートインとなった。年始は、10日に行われたタワレコ渋谷店でのインストアライブ、NACK5やアニソンアカデミーなどのメディアへの露出と共に、石川綾子が広く知られるきっかけとなったニコニコ動画での生放送番組も行っていた。12月27日に行われたメジャーデビュー記念【THE PREMIUM LIVE ~ ANIME CLASSIC~】に続き、1月2月と全国各地でのコンサートが開催される。チャートの追い上げは始まったばかりだ。


 その他、辻井伸行のアルバムが一挙4枚同時のチャートインとなった。4位に『THE BEST』、10位に『神様のカルテ~辻井伸行自作集』、15位『マエストロ!~辻井伸行withオーケストラ自作集』、18位に『ショパン:ピアノソナタ第2番、第3番』がチャートインした。1月5日から日本ツアー【ショパン・リサイタル】が始まり、2月にはヴァイオリニスト三浦文彰とのコンチェルト・ツアーも控えているが、いずれもほぼチケットは完売している。3月末のツアー終了まで、辻井伸行の名前が再度チャートを賑わせそうだ。


text:yokano


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい