ミック・ジャガーが故デヴィッド・ボウイを語る、「真のオリジナルだった」

 友人でロック・レジェンド仲間であったデヴィッド・ボウイが亡くなったことを受け、同郷のロックバンド、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが追悼コメントを発表した。


 ジャガーはステートメントにて、「デヴィッドはいつも俺のインスピレーションだった。真のオリジナルだった。彼は自身の作品において素晴らしく堂々としていて、一緒にたくさんの良い時間を過ごした。彼は俺の友人だった、決して忘れることはないだろう」と述べている。


 ジャガーはツイッターで同メッセージを掲載するとともに、ボウイと一緒に写った写真を公開している。



この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック