AOA ファンにハグ、足かけ……セクシー全開の初単独公演 西野カナ/宇多田ヒカル/松浦亜弥のカバーも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

AOA ファンにハグ、足かけ……セクシー全開の初単独公演 西野カナ/宇多田ヒカル/松浦亜弥のカバーも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AOA ファンにハグ、足かけ……セクシー全開の初単独公演 西野カナ/宇多田ヒカル/松浦亜弥のカバーも

AOA ファンにハグ、足かけ……セクシー全開の初単独公演 西野カナ/宇多田ヒカル/松浦亜弥のカバーも

 韓国出身のガールズグループ“セクシーエンジェルズ”AOA。12月18日 新木場STUDIO COASTにて韓国デビュー4年目、日本デビュー丸1年にして初の単独コンサート【AOA 1st Concert in Japan「ANGELS WORLD 2015~Oh BOY ACADEMY~」】を開催した。

AOA セクシー全開ライブ写真一覧


 健康美が引き立つラクロスの衣装で登場したAOAが最新シングル曲「胸キュン」のイントロでセクシーなポーズを決めると、スタートから満員のフロアは大熱狂。「ELVIS」「Luv Me」とアップテンポの曲を続けると、チョアが「初めての単独コンサート。私たちの夢が今日、ついにかないました」とファンに喜びを伝え、同所で8月に行われた日本オフィシャルファンクラブ(AOE、Ace of Elvis)の結成式にて号泣したリーダーのジミンは、「今日は絶対に泣きません!」と満面の笑顔を見せた。


 キュートな日本オリジナル曲「Lemon Slush」を初パフォーマンスした後は、チャンミが中心となってフロアのファンと「チョアヨ!」のダンスを練習。サビで会場中のファンと一緒にダンスを楽しんだ。


 中盤はスペシャルステージで構成。ユナは西野カナの「さよなら」をキーボードの弾き語りで披露。チョアが宇多田ヒカルの「First Love」をしゃぼん玉が幻想的な空間を作りあげる中でしっとりと歌いあげたかと思うと、一転してミナが松浦亜弥の「桃色片想い」をとびきりキュートなダンスと共に熱唱し、ファンに驚きを与えた。


 歌とダンスを見せるだけではなく、AOAからファンへのサプライズも。「わくわくするイベントを用意しました」とへジョンが言うと、会場から抽選で選ばれた女性ファンをステージに。彼女のご指名でへジョンがセクシーなウォーキングを見せ、甘いチョコレートをプレゼントすると、韓国語曲「Chocolate」でファンを囲みながら歌ったが、ジミンやユナにバックハグされたり、チャンミに足をかけられたり、ソリョンに顔を近づけられると、女性ファンも思わずドギマギしていたが、「めちゃうれしい!」と大満足の様子。韓国語曲を3曲続けたあとは、再びソロコーナーへ。


 なんとへジョンは自身の童謡風のテーマ曲をモチーフに、AOAの曲をEDM風にアレンジしてDJプレイを披露。そのへジョンは続けて、チャンミ、ソリョンと3人でパワフルなダンスパフォーマンスでファンを魅了。女性ラッパーがバトルする番組に出演し実力派ラッパーとして注目されているジミンは、自身のヒットソロ曲「PUSS」など迫力のラップ3曲をメドレーで聴かせた。


 後半は、黒のセクシー衣装で「ミニスカート」「ショートヘア」「Like a Cat」というAOAの代表曲を続けざまにパフォーマンス。AOAならではのセクシーなダンスにフロアの熱もイッキに上がり、最高潮の盛り上がりを見せた。


 アンコールは、オリコン2位に輝いた最新アルバム『Ace of Angels』のリード曲「Oh BOY」からスタート。この日のために新調したチェックの衣装でネクタイダンスを艶やかに踊った。


 ミナが「来週のクリスマスをみなさんと過ごせなくて残念」と言うと、ジミンが「AOAサンタがクリスマスプレゼントをあげます!」と全員で赤いケープでサンタに変身。フロアのファンとタッチをしたり、サインボールを投げたりしながらクリスマスメドレーを歌い、一足早いクリスマスを楽しんだ。


 最後は「特別な時間でした(チャンミ)」、「私の人生の中で、大切な思い出になった(チョア)」、「人生初の単独コンサートに来てくれたみなさんは特別(ジミン)」「私たちにとってプレゼントのような1日(へジョン)」と口々に感謝を述べて、「Stay with me」を歌いはじめると、ファンが韓国語で「永遠に一緒だよ」と書かれた紙を掲げてサプライズ。メンバーたちも「名残惜しくて帰れない」と最後まで手を振り、ファンに感謝を伝えた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい