back number、大躍進の2015年は総合アルバムチャートでも1位獲得

Billboard JAPAN

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第29回目では、back numberの5thアルバム『シャンデリア』が2位以下を大きく引き離すポイントを叩き出し首位を獲得した。


 『シャンデリア』は、11/30付総合ソングチャート“Hot100”で1位になったフジ系月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』主題歌「クリスマスソング」をはじめ、『JR SKISKI』CMソング「ヒロイン」、『ポカリスエットイオンウォーター』CMソング「SISTER」などヒットタイトルを含む全12曲を収録。2015年は大型タイアップが次々に決まり、認知度を大きく上げてきたback number。セールスとデジタルでは断トツの1位、ルックアップでも2位に入り総合No.1に。彼らのビッグイヤー最後のリリース作品が見事な結果を残した。


 2位は、ジャニーズWESTの2ndアルバム『ラッキィィィィィィィ7』。ジャニーズ勢の特徴であるセールスで強さを見せ、ポイントを大きく積み上げたがback numberの勢いには及ばなかった。3位には、12/14付“Hot Albums”1位の星野源『YELLOW DANCER』が入った。セールス5位、デジタル2位、ルックアップ8位と各指標でしっかりとポイントを集めており、リリースから2週目もまだまだ注目されているタイトルと言えるだろう。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック