アデルの「ハロー」、米ビルボード・シングル・チャートで5週目のNo.1に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アデルの「ハロー」、米ビルボード・シングル・チャートで5週目のNo.1に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アデルの「ハロー」、米ビルボード・シングル・チャートで5週目のNo.1に

アデルの「ハロー」、米ビルボード・シングル・チャートで5週目のNo.1に

 アデルの3rdアルバム『25』からの1stシングル「ハロー」が、12月12日付けの米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”で5週目のNo.1に輝いた。記録的なセールスで話題となっている『25』は結局、11月26日までに338万枚を売り上げ(ニールセン・ミュージック調べ)、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位に初登場。ニールセンが1991年にPOSデータを用いたセールス調査を開始して以来の最高週間セールスを記録した。


 アデルの『25』からは他にも4曲がHot 100入りしており、「When We Were Young」(同チャート初登場最高位となる22位)をはじめ、「Water Under the Bridge」(70位)、「Send My Love (To Your New Lover)」(79位)、「Remedy」(89位)がチャートインしている。


 なお、「ハロー」の真下には4週前にHot 100に初登場したジャスティン・ビーバーの「ソーリー」が2位をキープしている状態だ。続く3位はドレイクの「Hotline Bling」。その他、6週にわたり同チャート1位を制していたザ・ウィークエンドの「ザ・ヒルズ」が6位から5位へ再浮上。ショーン・メンデスの「Stitches」は7位から6位へ浮上。そして、ジョン・レジェンドをフィーチャーしたメーガン・トレイナーの「ライク・アイム・ゴナ・ルーズ・ユー」がトップ10圏内に返り咲き、新たな最高位となる8位をマークした。先日の【アメリカン・ミュージック・アワード】で“マーヴィン・ゲイ”メドレー内で披露したことを受けての結果だろう。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい