Gacharic Spin 底知れぬ全力エンターテイメントでツアー完走 パフォーマー3号ねんね覚醒? 大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージング披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Gacharic Spin 底知れぬ全力エンターテイメントでツアー完走 パフォーマー3号ねんね覚醒? 大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージング披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Gacharic Spin 底知れぬ全力エンターテイメントでツアー完走 パフォーマー3号ねんね覚醒? 大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージング披露

Gacharic Spin 底知れぬ全力エンターテイメントでツアー完走 パフォーマー3号ねんね覚醒? 大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージング披露

 9月30日にメジャー1stフルアルバム『MUSIC BATTLER』をリリースし、ワンマンツアー【6th Anniversary ONEMAN TOUR】を開催していた全力エンターテイメント凄腕ガールズバンド Gacharic Spin。11月29日 Zepp Tokyoにて同ツアーのファイナル公演を迎え、満席の会場をエンターテイメントの渦で圧巻し、大成功を収めた。

Gacharic Spin キュートなライブ写真一覧


 5月に渋谷公会堂にて開催された自身最大規模のワンマンライブ(http://bit.ly/1PVuBKY)では、ドリフの聖地でゴムパッチン&タライ&ドローンにザ・グレート・カブキ登場といったはちゃめちゃな展開で観客を“エンターテイメント”で飲み込んでいった彼女たち。FチョッパーKOGA(b)が『ベース・マガジン』の表紙をビキニ姿で飾ったり、韓国公演ではすべてのMCを韓国語で行い、「雪泣く~setsunaku~メロディー」の韓国語スペシャルバージョンも披露。インタビュー(http://bit.ly/1ETkq0y)で「私たちを超えるエンターテイメント集団、いたら出てこいや」と語った強気の発言も頷ける展開で突っ走り、ファンを鼓舞させ続けてきた。


<パフォーマンスの幅をさらに広げ、瞬きを忘れさせるほどのステージを展開>


 本公演では、ステージ中央にセットされた大画面に、白煙や炎、シャボン玉にテープ噴射といった特効に加え、多数のレーザーとムービングライトによる煌びやかなライティングといったステージ演出の中、メンバーも負けじとカラフルでド派手なパフォーマンスを繰り広げた。


 曲に合わせて色が変わるサイリウムによる演出、パフォーマー3号ねんねによるキーボード演奏や、パフォーマー1号まいによるサンプリング・パッドを使用したパーカッション演奏と、本ツアー開始前に既にド派手だったパフォーマンスの幅をさらに広げ、瞬きを忘れさせるほどのステージを展開。そして、凄腕楽器隊のテクニックも更なる磨きがかかっており、パフォーマンスに見劣りしない超絶テクで、難易度の高い楽曲を完璧に披露してくれた。


 <パフォーマー3号ねんね覚醒? 大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージング>


 特に目を引いたのが、7月よりGacharic spinの一員となったパフォーマー3号ねんねだ。パフォーマー1号まいとのキレッキレダンスはもちろん、キーボードの演奏力はしっかりとプロ並で、さらに演奏しながらダンスも繰り広げる。MCでは、ボケるオレオレオナ(key,vo)を「ブース!」と言い放つなど、加入より4か月ほどにもかかわらず、大物の片鱗を覗かせる堂々としたステージングで魅せてくれた。


 さらに、度肝を抜かすパフォーマンスはもちろんだが、人間味溢れるエモーショナルなFチョッパーKOGAのMCにも毎回感動させられる。アンコールのMCでは、「遠回りしてきた6年間、スタッフ、メンバー、ガチャマン、ガッチャピン子の支えがあって頑張って来ることが出来た」と語り、声を詰まらせながらも、メンバーひとりひとりに感謝を伝える純粋無垢な愛に溢れたFチョッパーKOGAの姿に、会場は感動で包まれた。


 また、MCでは、来年春のワンマンツアー実施と、5月28日 EX THEATER ROPPONGIにてファイナル公演を開催することが発表された。昨年秋にメジャーデビューを果たし、ファンの期待を超える全力エンターテイメントを届けて続けてくれるGacharic Spinなら、来年春のツアーでも、唯一無二のパフォーマンスを届けてくれるだろう。


取材:内山直也
撮影:織車寿一



◎ワンマンライブ【6th Anniversary ONEMAN TOUR 2015.11.29 @Zepp Tokyo】
11月29日(日)Zepp Tokyo SETLIST:
GS Gacha2015~
1.MUSIC BATTLER
2.デジタルフィクション
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.ハンティングサマー
5.Don’t Let Me Down
6.Identity
7.溶けないCANDY(ガチャガチャダンサーズ)
8.ガンバンバダンサー(ガチャガチャダンサーズ)
9.雪泣く~setsunaku~メロディー
10.夢言実行
11.僕だけのシンデレラ
12.オトナ少女
13.今を生きてる
14.ノスタルジックブルー
15.夢喰いザメ
~DRUM SOLO~
16.TAMASHII
17.ファイナルなファンタジー
18.赤裸ライアー
19.常識デストロイヤー
20.ダンガンビート
21.WINNER
En1.またね
En2. Ben-Jan-Dan
Wen1. Lock On!!
~GS Gacha20


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい