KinKi Kids 2位以下にトリプルスコアの売上でビルボード週間セールスシングルチャート堂々1位

Billboard JAPAN

 11月30日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Top Singles Sales”にて、2位以下にトリプルスコアの大記録を叩き出し、KinKi Kidsの35thシングル『夢を見れば傷つくこともある』が首位となった。


 同シングル表題曲は、秋元康が作詞、伊秩弘将が作曲を担当し、他の収録曲にも名立たる作家陣が参加しているということで、発売前から大きな話題をよんでいた。先ヨミ記事(http://bit.ly/1NOqdrb)の勢いのまま、2位以下を大きく引き離し堂々の1位を獲得した。


 2位には、フジテレビ系月曜9時ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』の主題歌に起用されているback numberの『クリスマスソング』がチャートイン、前作『手紙』の3位からひとつ順位を上げている。3位には、韓国のボーイズグループ B1A4の日本6thシングル『HAPPY DAYS』、4位にはaikoのシングル『プラマイ』、5位にはアフィリア・サーガの『Embrace Blade』がチャートインしている。



◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2015年11月30日付)
1位.KinKi Kids『夢を見れば傷つくこともある』
2位.back number『クリスマスソング』
3位.B1A4『HAPPY DAYS』
4位.aiko『プラマイ』
5位.アフィリア・サーガ『Embrace Blade』

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック