第1位は清塚信也ソロアルバム『あなたのためのサウンドトラック』、第2位は五嶋龍『レジェンド』 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1位は清塚信也ソロアルバム『あなたのためのサウンドトラック』、第2位は五嶋龍『レジェンド』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
第1位は清塚信也ソロアルバム『あなたのためのサウンドトラック』、第2位は五嶋龍『レジェンド』

第1位は清塚信也ソロアルバム『あなたのためのサウンドトラック』、第2位は五嶋龍『レジェンド』

 今週のBillboard JAPAN Top ClassicalAlbums第1位は、清塚信也のピアノ・ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』となった。今週で3週連続のチャートイン。10月16日より開始されたTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』より「Baby,God Bless You」、公開中の映画『ポプラの秋』メインテーマ曲など、自らのオリジナル曲のピアノソロ版の新録音や、映画、ドラマ、オペラ、ミュージカルの名曲カヴァーも収録している。


 第2位は五嶋龍の新譜『レジェンド』となり、2週連続のチャートインとなった。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とヴィエニャフスキの「伝説」のカップリング盤で、アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮による、フランクフルト放送交響楽団との共演となっている。11月には同じ演奏者での来日公演が行われた。クラシックに馴染みのない人も楽しめるよう誰もが聴いたことのある名曲を中心にセレクトしたベストアルバム『リフレクションズ』も13位にチャートインし、これで6週連続のチャートインとなった。


 第3位はヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットの新譜『エクスプローシヴ』がチャートインとなった。クラシックとロックのクロスオーヴァーアルバムでヒットを出してきた流れの最新作となり、収録曲はマイケル・ジャクソン、エミネム、マイリー・サイラス、など楽曲のカバーから、デイヴィッド・ギャレットが作曲したユニークな楽曲を多数収録。限定版にはボーナス楽曲と、インタビュー映像を含むDVDが付随、日本のみの限定ボーナストラックはモーツァルトのレクイエムより『ラクリモーザ』となっている。


text:yokano


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい