【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利

【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利

 11月22日に開催された【アメリカン・ミュージック・アワード】にて、ディプロ、スクリレックス、ジャスティン・ビーバーが今年のコラボレーション賞を受賞したほか、カルヴィン・ハリスがフェイバリットEDMアーティスト賞を獲得し、ダンスミュージックの変わらぬ勢いを見せつけた。


 ディプロ、スクリレックス、ジャスティン・ビーバーの3人による「ホウェア・アー・ユー・ナウ」は今夏、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”に18週チャートインし、ビーバーは初めてダンスミュージック界へ本格進出を果たすことになった。リアーナやテイラー・スウィフト、そして「アップタウン・ファンク」などの他ライバルと比べ、このコラボは(今年のノミネートに対するファン投票において少なく見積もっても)大当たりだったと言えるだろう。


 一方、カルヴィン・ハリスは2015年において至る場所でその名が見られる存在となった。2014年後半にリリースしたアルバム『モーション』からの複数シングルをはじめ、「ハウ・ディープ・イズ・ユア・ラブ」しかり、フォーブス誌による“世界で最も稼いだDJ”では3年連続No.1となった。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい