【深ヨミ】関ジャニ∞、2010年代のオリジナルAL初週売上げまとめ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【深ヨミ】関ジャニ∞、2010年代のオリジナルAL初週売上げまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【深ヨミ】関ジャニ∞、2010年代のオリジナルAL初週売上げまとめ

【深ヨミ】関ジャニ∞、2010年代のオリジナルAL初週売上げまとめ

 11月23日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、関ジャニ∞『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』が首位となった。


 『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』は、関ジャニ∞の約1年ぶりとなるオリジナルアルバムで、「言ったじゃないか」「がむしゃら行進曲」「強く 強く 強く」などのヒット曲を含む全15曲入り。同作は30万枚に近いビッグセールスを出してしてチャートを制覇した。もっとも店舗で売上げた地域を見ていくと、東京の2.6万枚が1位で大阪の2.2万枚が2位、3位には愛知1.3万枚となっている。東京・大阪からは特に大きな支持が集まったと言えるだろう。


 関ジャニ∞は、2010年代に『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』を含め5作のオリジナルアルバムをリリースしている。今回は、SoundScan Japanのセールスデータから5作の初週売り上げ枚数を調査した。
2010/10/20リリース
『8UPPERS』22.7万枚
2011/11/16リリース
『FIGHT』27万枚
2013/10/16リリース
『JUKE BOX』33.6万枚
2014/11/5リリース
『関ジャニズム』27万枚
2015/11/11リリース
『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』29.9万枚
 『8UPPERS』以降、すべての作品で20万を超える数字を出し、さらに5作すべてで“Top Albums Sales”で1位を獲得しており、安定した高い人気があると言える。グループはもちろん、メンバー個人でもさらに活躍の場を広げている関ジャニ∞は、これからも大きな支持を集めていくだろう。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい