板野友美 映画初主演ホラー『のぞきめ』特報&キャスト解禁 仮面ライダーウィザードの白石隼也ら

Billboard JAPAN

 板野友美映画初主演ホラー『のぞきめ』が4月2日より全国ロードショー。その特報&キャストが解禁となった。

板野友美 初主演映画『のぞきめ』写真など


 原作は、本格ミステリ大賞を受賞した作家・三津田信三によるホラー小説。同じ場所で起きた、時代の異なる2つの怪事件をベースにした物語で、過去・現在に共通するのは事件のカギとなる怪異“のぞきめ”が、窓、タンス、カーテンの隅……日常のあらゆる場所に存在するほんの数ミリの隙間から視線を投げかけ、目があった人間を恐怖のどん底に突き落とす。


 一度観てしまったら最後、背後・隙間からの視線が気になるようなじっとりとした最恐映画に作り上げたのは、『トリハダ ?劇場版-』シリーズの三木康一郎監督。主演の板野友美は、テレビ局の新米ADとして、ある青年の怪死事件を取材したことから“のぞきめ”にまつわる真相を追うことになる主人公・三嶋彩乃を演じる。


 この度、初解禁となった特報映像は、一般の女子高生への街頭インタビューから始まる。彼女たちが「ある! あります!」と口を揃えて言う“あるある体験”とは一体何のことなのか? 映像は続き、板野友美演じる三嶋彩乃を映し出す。ゆっくりと後ろを振り向く彩乃の視線の先に待ち構えていたのはいったい……!?


 まさに、人間が根源的に持つ恐怖心=“覗かれる怖さ”を究極に煽った映像。それは観たくないのに観てしまう人間の“覗き見”心を刺激し、恐怖の世界へと皆様を誘う仕上がりとなっている。


 さらに、新たに発表されたキャスト陣には、彩乃の彼氏・津田信二役に『仮面ライダーウィザード』で主人公の操真晴人/仮面ライダーウィザードを演じた白石隼也。彩乃が取材した怪死事件で死んだ青年の彼女・岩登和世を体当たりで演じた入来茉里。その和世の母親役には東ちづる。他、玉城裕規、小澤亮太、石井心愛、池田鉄洋、つぶやきシロー、石井正則ら豪華俳優陣が出演し、脇を固める。


 さらに、大ヒットドラマ『半沢直樹』で話題をさらった実力派俳優・吉田鋼太郎が、本作のキーとなる盲目の老人・四十澤想一役として登場する。




◎映画『のぞきめ』
2016年4月2日(土)より全国ロードショー
配給:KADOKAWA/プレシディオ
(C)2016「のぞきめ」製作委員会

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック