パリ公演を予定していたバンドが続々中止を発表、再開は17日か 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パリ公演を予定していたバンドが続々中止を発表、再開は17日か

このエントリーをはてなブックマークに追加
パリ公演を予定していたバンドが続々中止を発表、再開は17日か

パリ公演を予定していたバンドが続々中止を発表、再開は17日か

 11月13日の夜にフランス首都で起きたテロ攻撃をうけ、U2、フー・ファイターズに続いてヘヴィ・メタル・バンドのモーターヘッドも15日に予定していたパリでのコンサートを中止。その後、パパ・ローチ、マリリン・マンソンも16日に予定していた公演をキャンセルした。


 モーターヘッドはパリの北19区にあるゼニス・シアターでの公演を予定していたが、バンド側が公演中止をツイッターで発表。「パリにおける由々しき状況のため、我々は1月まで公演を延期せざるを得ません。予定を再調整し、出来るだけ早く詳細を発表します」とした。


 また、コンサート制作会社のGerard Drouot Productionsはフェイスブックにメッセージを掲載しており、今回の決定は文化省からの命令であることを示した。「パリで起きた惨劇を受け、文化省はZenith Parisを閉鎖するよう決定を下しました」と述べている。


 一時は、フランス当局がパリの美術館や劇場などの公共スペースを閉鎖し、全ての文化的な会場を閉めるよう求めていたのだ。


 一方、パパ・ローチは16日のパリ・オランピア劇場公演の決行について市職員と交渉していたものの、その後中止を発表。ヨーロッパ公演は17日のアムステルダム公演から再開するという。マリリン・マンソンも同じく16日のゼニス・シアター公演を中止し、18日のブリュッセル公演からツアーを再開するとしている。


 ゼニス・シアターは17日のシンプリー・レッドのコンサートは予定通り行う意向を示している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい