ジャズの巨匠、ウィントン・マルサリスがオペラ歌手の名を冠した賞を受賞 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャズの巨匠、ウィントン・マルサリスがオペラ歌手の名を冠した賞を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 ジャズ界の巨匠 ウィントン・マルサリスが、パイオニア的存在のとあるオペラ・シンガーの名を冠した賞を受賞した。


 【マリアン・アンダーソン賞(Marian Anderson Award)】は、社会に良い影響を与え高く評価されたアーティストに向けてフィラデルフィアから贈られるもの。アンダーソンはアメリカの有名オペラ・ハウス、メトロポリタン歌劇場の舞台に初めて立った黒人シンガーだった。


 【グラミー賞】を9回受賞したほか、ジャズ・ミュージシャンとして初めて【ピューリッツァー賞】音楽部門を受賞。また、ジャズ・アット・リンカーン・センターの芸術監督も務めているマルサリスは、Children's Defense Fund(児童擁護基金)やハリケーン・カトリーナ被害者救済などの人道支援活動を行っている。11月10日夜に行われた授賞式では、実に20年ぶりに自身のオリジナル七重奏団を率いてステージにあがった。


 同賞は過去に俳優のリチャード・ギアやジェームズ・アール・ジョーンズ、女優のミア・ファローなどに贈られている。ジョン・ボン・ジョヴィも受賞者の一人だ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい